だから脱毛全身最新の記事

赤ちゃんの便秘の原因はもっと深いところに

母乳でもミルクでも、混合栄養でも、赤ちゃんのウンチがある程度やわらかくて機嫌もいいようなら、何日か便が出ていなくてもあまり心配は必要ありません。それは便秘ではありません。

 

一方で、力んでいるのに水っぽいウンチさえ出なかったり、ウンチがコロコロと硬ければ便秘の可能性が高いといえます。

 

赤ちゃんの便秘の原因として考えられることの一つは水分不足です。新生児の便秘の原因

 

水分の不足が考えられる時は、お風呂上りなどで授乳に影響のない時間帯に白湯を飲ませたり、ムギ茶や砂糖水を少しずつ与えてみて下さい。

 

飲みすぎて母乳やミルクを飲まなくなることがないよう、1回につき20~30ccずつ1日で100~150ccぐらいの目安でちょこっとずつ与えましょう。そしてミルク栄養の赤ちゃんは、ミルクの量を増やしてみるとよいかもしれません。

 

また意外にも緊張することで原因で便秘がおきることもあるそうです。赤ちゃんが過度に緊張すると腸の一部にけいれんのようなものがおきて、ウンチが一時的に停滞してしまうため水分が少なくなって硬くなり出にくくなってしまうのです。

 

例えば、お母さんに何か強いストレスを感じさせる出来事があったり、夫婦の仲が険悪になると便秘になることがあるそうです。

 

 

そのようにいろいろと原因となるものはあげられますが、根本的な原因といえるのは赤ちゃんの腸内環境が整っていないということです。

 

母親の胎内で赤ちゃんは無菌状態にあるそうです。

 

そして出産の時になると、赤ちゃんは母親の産道を通りつつ、そこに存在する菌を取り込んで腸内環境を整える準備をするのです。

 

それから出産後は、母親の母乳に含まれるオリゴ糖が、赤ちゃんの腸の中の「善玉菌」のエサとなり、善玉菌が増えていくことで腸内環境は整えられていきます。

 

しかし、例えば帝王切開による出産だったり、産後ダイエットで無理をして母乳の質が低下していたりといった理由で、腸内環境が整わないまま成長する赤ちゃんも多いそうです。

 

さらには、自然分娩の場合でも出産時にママの腸内環境がいい状態ではないなら、それが赤ちゃんにも受け継がれるといわれています。

 

そのような状態ではどんなに便秘を改善しようと水分を補ったり、マッサージをしてもあまり大きな効果は期待できないと思います。

 

まずは腸内環境を整えなければ、今後も便秘を繰り返したり、硬くなったウンチがお尻を傷つけたりすることがあります。

 

赤ちゃんの時は、まだ食物繊維を含むものを摂取することは出来ませんから、おすすめはミルクにオリゴ糖を混ぜて与えてみることです。

 

オリゴ糖は母乳に含まれている成分ですから、赤ちゃんにとって安全であり相性の良い食品といえますし、便秘に対しても効果の高いことで知られています。

 

また生後3ヶ月を過ぎた頃なら、果物を搾った汁を倍に薄めてオリゴ糖を少し加え、やわらかいウンチになるまで毎日少しずつ授乳の間に飲ませるとよいようです。

 

注意が必要なのは、病気や熱が原因で赤ちゃんが便秘になることもあるということです。中には、先天的な病気の可能性も考えられますから、便秘を繰り返すようであれば一度は医療機関を受診しておくとよいでしょう。

 

だから脱毛全身について


鈴木勝俊http://www.yahoo.co.jp/天神の全身脱毛サロン&クリニックを比較!