Top > 現金化 > 現金化で買取方式の手数料

現金化で買取方式の手数料

本日のテーマはクレジット現金化の買取方式の手数料についてに決めました。
クレジットカード現金化を利用する際は、現金化業者によって手数料が違ってきます。
クレジット現金化の方法は二種類となりますので、買取方式の手数料について記載します。

買取方式の場合の手数料を説明します。
現在、買取方式の場合の商品は主にAmazonギフト券となっております。
例えば、買取率が80%だった場合の計算をすると下記になります。
Amazonギフト券100,000円を購入した場合、買取率が80%ですと80,000円が買い取ってくれる金額となります。
この時点で現金化業者は、20,000円の差額が利益となります。
ですが100,000円のAmazonギフト券を現金化業者が更に現金にするため転売などをすると93%くらいになります。
そうすると実際に現金化業者が得た利益は13,000円くらいになるのです。
これはあくまでも例え話であります。
悪徳業者の場合は、Amazonギフト券を買い取る際に消費税がかからないはずですが、消費税分も余分にとって利益にする現金化業者がいます。
この場合は100,000円の消費税は8,000円ですので、108,000円分のAmazonギフト券を購入させて80,000円を振り込んだとします。
そうすると実際の買取率は約74%となり、現金化業者が利益となる金額も増えるのです。
このように色々な理由をつけて手数料を取る現金化業者が多数存在しますので注意が必要となってきます。

現金化優良サイト情報を参考にしてみては:ネオギフト口コミ

現金化

関連エントリー
現金化で買取方式の手数料